口臭対策ガムの是非

口臭対策にはガムが手っ取り早いが・・・

 

 

ガムを噛むと確かに一時的ではありますが
口臭を軽減させることができるかもしれません。

 

 

いえ、正確には軽減はできていません。

 

 

ただ、単にガムのフレーバー、
ミントやフルーツの香りにいよってごまかして
いるにすぎません。

 

 

ですので、ガムを噛み進めていくうちにみるみるうちに
口臭は甦ってきてしまいます。

 

だって、口臭自体は消えていないから!

 

 

しかも確かに一時的にはごまかせるガムではありますが、
口臭のかなりひどい人にとっては逆効果になって
逆に臭いと思われることも!

 

 

噛んでいるガムのフレーバー次第のところもありますが
まれにガムの香りと口臭が混ざるとなんとも
気持ちの悪い臭いになってしまうこともあります。

 

 

相性というのがどうやらちゃんとあるということ!

 

しかも、それによって相手を不快にさせる上に
日本では今だにガムを噛むというのがイメージが良くない
場合があります。

 

 

チャラチャラしている、真面目じゃない人が
噛んでいるというイメージが根強いんです。

 

そのため口臭のエチケットとはいえ、ときと場合を
間違えると周りの人を不快にさせて、ものすごく損してしまう
ケースも考えられます。

 

 

ただ、ガムはフレーバーもそうですが
噛むことで唾液の量を増やすはたらきにもつながるので
口腔内衛生を良くする要素もあります。

 

ときと場合を考えて使えば便利な
口臭対策なのでうまくつかっていきましょう。